page icon

GASでGoogleフォトを操作したい。

 

概要

GAS (Google Apps Script) を使って、Google Photoの画像を操作したいな。
この記事では、GAS、GCP (Google Cloud Platform) を使用して、 Photos Library APIのOAuth認証を行うところまでを記載しました。
中々に大変なので、心して…
 

GAS の Photos Library API OAuth 認証用コードの作成

Photos Library APIのOAuth2.0認証用のコードを作成する。
 
  1. Google スプレッドシートの拡張機能 > を選択する。
  1. の プロジェクトの設定 > 全般設定 > にチェックを付ける。
    1.  
  1. ID から スクリプトIDをコピーして置く。
    1.  
  1. スクリプト プロパティに以下を追加。
    1. とりあえず、適当な値を入れて作成。
      後ほど、Photos Library APIで取得した値を設定します。
      : Photos Library APIのクライアントID
      : Photos Library APIのクライアントシークレッド
      oauth2.PhotosAPI : これはプログラムで自動生成されます。
       
  1. 左メニューの概要を開き、 のURLをコピーする。
    1.  
  1. 左メニューから、エディター を開き、 を編集する。
    1. 以下コードを追加する。( の後ろに「,」をつけ忘れないように。)
      memo : 左メニューの概要から、「プロジェクトの OAuth スコープ」を確認できます。
       
  1. ファイルを2つ追加する。
    1. を追加
       
  1. にコードを追加。
    1. 説明は省略しますので、コピーしてください。
       
  1. にコードを追加。
    1.  
  1. 保存してとりあえず完了。
 
 
 

Photos Library APIの「OAuth 2.0 クライアント ID」設定

  1. Google Cloud Platformにアクセスしてプロジェクトを作成。
  1. プロダクト > APIサービスへのアクセス
    1.  
  1. を検索する。
    1.  
  1. クリックし、APIの する。
    1.  
  1. API/とサービスに戻り、 左メニュー > を選択。
    1.  
  1. 上部の を選択し、 を選択。
 
  1. OAuth クライアント ID の作成 > アプリケーションの種類 から、
    1. を選択する。
      名前 : なんでもOK
       
  1. 承認済みの JavaScript 生成元と承認済みのリダイレクト URIを追加
      • 承認済みの JavaScript 生成元 :
       
  1. 最後に をクリックすると、 が取得できるので、コピーする。
    1.  
  1. 先ほどGASで作成した、スクリプト プロパティに値を設定する。
    1. 以下のプロパティにコピーした値を追加し、保存。
      : Photos Library APIのクライアントID
      : Photos Library APIのクライアント シークレッド
 
 

Photos Library APIの「OAuth 同意画面」設定

  1. 左メニュー を選択し設定を行う
  1. OAuth 同意画面 > User Type > を選択し、 を選択。
    1.  
  1. アプリ登録の編集 を入力。
    1. 必須項目だけ、入力すればOK!
      : 好きな名前。
      : 選択から選べるやつ。
      : 好きなアドレス。
  1. を選択。
    1.  
  1. スコープの選択を行い、
    1. 今回は以下を追加。
      API範囲
      Photos Library API.../auth/photoslibrary
      Photos Library API.../auth/photoslibrary.readonly
      .../auth/photoslibrary.readonlyは不要でした。
       
  1. テストユーザーの設定は、何もせずに、 を選択。
    1.  
  1. 概要 を確認して問題なければ、最下部の を選択。
 
  1. これで、設定完了。
 

GASとGoogle Cloud Platformの連携設定

Google Cloud Platformのプロジェクト番号を取得し、GASに設定する。
  1. 右上の から を選択する。
    1.  
  1. プロジェクト番号をコピーする。
    1.  
  1. GASに戻り、プロジェクト設定 > Google Cloud Platform(GCP)プロジェクト の を選択し、GCPのプロジェクト番号を追加する。
 
 

GASで OAuth 2.0認証の実行

  1. 必要ないかもだけど、一応GASのデプロイ
    1. ライブラリを選択
    2. デプロイを実行
      1.  
  1. Google スプレッドシートを開いて > から を選択し実行。
    1.  
  1. 実行すると、GASの認証が始まるので、許可してください。
  1. もう一度、から を選択し実行。
    1. 2回目で、 が始まります。
  1. をクリックする。
  1. これで認証完了です。
  1. GASの プロジェクトの設定 > スクリプト プロパティ の に認証コードが追加されています。 これを使って、Photos Library APIを使用することができます。
 
✨✨✨ 完了 ✨✨✨
お疲れ様でした(>_<)
 
 

 
 
 
その他 関連記事
 
 
 
 
☑ New Post

 
Icons by icons8.com