page icon

CSS object-fit ディア要素が親要素の指定領域にどのように適用させるか。

 

概要

は、CSS のプロパティ の値の一つで、主に画像や動画などのメディア要素が親要素の指定した領域にどのように適用されるかを制御します。特に タグや タグに対してよく使われます。
 
 

プロパティ

プロパティは以下のような値を取ります:
  • : デフォルト値。画像は親要素の幅と高さに引き伸ばされ、アスペクト比は維持されません。
  • : 画像は親要素の中に収まるように縮小され、アスペクト比は維持されます。親要素の中に余白ができる場合があります。
  • : 画像は親要素の幅と高さを完全に覆うように拡大され、アスペクト比は維持されます。親要素からはみ出す部分が生じる場合があります。
  • : 画像は元のサイズのままで表示され、親要素に収まらない部分は切り取られます。
  • : 画像は のどちらか小さい方で表示されます。
 

の動作

を設定すると、画像は以下のように表示されます:
  1. 画像は親要素の幅と高さを完全に覆うように拡大または縮小されます。
  1. 画像のアスペクト比は維持されます。つまり、画像は歪まずに表示されます。
  1. 親要素からはみ出す部分が生じる場合がありますが、それによって画像全体が表示されないこともあります。
 

 
Example Image
 
上記の例では、画像が親要素の幅300px、高さ200pxに収まるように表示されますが、アスペクト比は維持され、画像が親要素からはみ出す部分もあります。
 

実際の用途

は、レスポンシブデザインでよく使われます。特に、ギャラリーやカードレイアウトで画像を綺麗に表示するために使用されます。親要素のサイズが変動する場合でも、画像が見栄え良く表示されるため、UIデザインにおいて非常に有用です。
このプロパティを使用することで、ユーザーにとって視覚的に一貫性があり、美しい画像表示を提供することができます。
 

 
 
 
 
その他 関連記事
 
 
 
 
☑ New Post

 
Icons by icons8.com